top of page
IMG_6914.HEIC

​奈義森林建築センターについて

IMG_7688.JPG

在来軸組工法

「在来軸組工法」とは、日本で古来より伝わる木造の建築工法です。

(「在来工法」とも呼ばれることもあります。)

木材で柱や梁からなる構造の軸を作り、そこに「筋交い(すじかい)」という斜めに木材を組み合わせて支えとして、その面に壁を貼っていくという丈夫なつくりです。

 

木材を使用しているため、湿気の多い日本の気候風土に最も適した工法の一つ。

間取りの自由度が高く新築やリフォームしやすいというメリットもあります。

狭小地や変形地に家を建てる場合でも、土地に合わせて柔軟な設計ができる工法の一つです。

​地震や風にも強い木造の構造にも拘り続け、お客様の大切なお家を丁寧にしっかりと作り上げていきます。

IMG_7688.JPG
bottom of page